pokutuna.com

pokutuna

Web Developer / Software Engineer
Hyogo, Japan

Blog Entries

  • ぽ靴な缶

    なぜ今も Google App Engine を選ぶのか

    Google Cloud で何かアプリケーションを動かしたい時、いつも App Engine (GAE) を第一の選択肢として挙げています。 なのにみ〜んな Cloud Run に行ってしまう。なぜなのか?? 確かに Cloud Run のほうが新しくて公式に露出が多いし、GAE はこういうランディングページからの言及も消えているので無理もない。Google Cloud 的にもあんまり使って欲しくない雰囲気が漂っている。 cloud.google.com App Engine は GCP 最初期からあるサービスで今年で 14 年目になるらしい。 Google App Engine 単体で出ていて、他のサービスが続いて Google Cloud Platform になったような気がする1。 そんな歴史あるサービスだとレガシー感が漂っていそうなものだけど、全くそんなことはない。 2019 年の 2nd gen 化から改めて使ってみたところ、圧倒的に良くなっているし、今も一線で使えるサーバレス実行環境である。 ポートフォリオサイトの https://pokutuna.com/ も GAE だし、仕事でも社内用の小さなアプリケーションから、多少トラフィックのある API サーバーまで GAE でリリースしてきた。 アプリケーション実行環境の選択肢は色々増えたものの、今でも GAE のほうが楽に安くアプリケーションを構築できる状況や要件はよくある。そんな GAE のいいところや GAE が便利な状況について書いておきたい。 静的ファイルを配れる & エッジキャッシュが使える GAE では、静的ファイルのパスを app.yaml で指定することで静的ファイルを Google のエッジサーバーでキャッシュさせつつ配れる。アプリケーションからのレスポンスでは Cache-Control: public, max-age=3600 などヘッダに含めることでキャッシュさせられる。 アプリケーションの手前にリバースプロキシを置いて静的ファイルを返す構成はよくあるが、GAE は単体でそれ相当のことができる。小規模なアプリケーションでとてもありがたい。手動のキャッシュの破棄はできないが、設定不要の CDN が付いているのに等しい。 GAE がこの機能を持つのは、静的ファイルを返すことは Web アプリケーションの通常のユースケースだからだろう。 どちらも HTTP エンドポイントを実行するサービスだけど、GAE がユーザ向けアプリケーションを公開することに重心を置いているのに対し、Cloud Run はもっと広く Pub/Sub を受けたりジョブを実行したり非同期システムのランタイムを志向しているので、Cloud Run がエッジキャッシュをサポートしていないのもまあ納得できる。 Cloud Run で静的ファイル返したい場合 手前に Cloud Load Balancing を置いて Cloud CDN を有効にする Firebase Hosting で静的ファイルを配りつつ特定のパスを Cloud Run に向ける 別に Cloud Storage に上げて公開して URL を返す 諦めて Cloud Run のアプリケーション内から返す などが考えられる。 1 つ目の、手前に Load Balancing を置いて Cloud CDN を使うのが素直な構成だと思うけど、Load Balancing を立てているだけで月数十ドルかかる。事業でサービスを公開するなら安いコストだけど、個人開発や社内向けの小さなアプリケーションだと地味に払いたくないコストである。 費用を意識するならコンポーネントは増えるがここだけ Firebase Hosting を使うのが良いと思う。 Identity-Aware Proxy (IAP) が Load Balancing 無しに使える IAP を使うと、アプリケーションに手を加えず簡単に Google Workspace ドメインや、特定の Google アカウントに対してのみアプリケーションを公開できる。管理画面や、社内用アプリケーションを作る際によく利用する。 Cloud Run や GKE で IAP を使うためには、Cloud Load Balancing が必要なのだけど、GAE だけは単体で IAP を挟むことができる。特に社内向けアプリケーションは、営業時間中にまばらにトラフィックがあるだけなのに LB 立て続けるのはもったいない。GAE すればコストがタダに近くなる。 cloud.google.com プロジェクトの初めのうちはプロトタイプを IAP かけた GAE で開発しつつ、一般公開前に Cloud Load Balancing を立ててバックエンドサービスに GAE を指定して将来の構成の変更に対応しやすくする、というのもいいでしょう(ちょうど最近やりました)。 今は App Engine にロックインされない かつては、ローカルの開発時に dev_appserver.py とかいうよくわからんスクリプトを使う必要があったり、外部に HTTP リクエストを送るのに専用の urlfetch ライブラリを使う必要があったり、ライブラリを自由に入れられないので自分でアップロードしてインポートパスを通したりする必要があった。ロックインされるし、開発体験が良くなかった。 2nd gen になってからこれらの制約は無くなった。ふつうに書いた Web アプリケーションがそのまま動く。 1st gen は独自のサンドボックスでユーザのアプリケーションを分離していたのと、ユーザ認証からデータストア、タスクキューまで付いたオールインワンのアプリケーション実行環境として提供されていたのもあって、専用ライブラリを使ってね、としていたのだと思う。 2nd gen では、それら GAE にバンドルされていたサービスは各 Google Cloud プロダクトを利用して実装する形になった2。App Engine 特有の実装も不要になり、脱出も容易、つまり、安心して使えます。 cloud.google.com ランタイム選択フローチャート かつてこういう図が公式ドキュメントにあった。 (引用) Which serverless compute platform is right for you? の図 Choosing a Serverless Option  |  Serverless Guide  |  Google Cloud (Internet Archive) これをたどると、大半のユースケースで App Engine に辿り着かない? 僕はまず GAE で動かせないか検討して、言語がサポートされていないとか、追加で何かインストールしないといけない要件(Image Magick 要るとか)がある場合に Cloud Run を検討する、という感じでやっている。 過去には、やや複雑化してきた Cloud Function を GAE に置き換えたりもした。GAE は 0 台までダウンスケールできるし起動も早いし、新しいバージョンをリリースする際に段階的にトラフィックを移したり、前のバージョンに戻したりも楽ちん。Cloud Run でもよいけど、Cloud Functions で出来ていた程度のもののイメージを管理したくないという判断もあった。Cloud Functions gen2 はガワだけで中身は Cloud Run なので、今なら Run にするかな。 繰り返しになるけど、LB もいらず IAP もかけられるので、GAE はプロトタイプの開発にも向いていると思う。 まとめ GAE の楽さや安上がりな点について紹介しました。 こんなアプリケーションに集中できるいいプロダクトなのに公式の案内から消えていきつつある!! みんなが GAE でケチりながら激安アプリケーションをホストすると Google が儲からないので隠されているのだと思う。 このエントリで GAE が選択肢に上がるとうれしいです。 App Engine の中心的な考え方であるサーバーレス、サーバー管理不要、イベントドリブン プログラミング、リソースの使用量に応じた料金などは 10 年前から一貫しており、現在も当時と同様に当を得ています。 誕生から 10 年、App Engine の歩みを振り返って | Google Cloud 公式ブログ これかっこいい、おっしゃる通りです 関連エントリ blog.pokutuna.com blog.pokutuna.com Wikipedia(en) の Google Cloud Platform ページの最初の履歴は 2014 年で、記述を見るたぶん合ってるのではないか https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Google_Cloud_Platform&oldid=602909799↩ Google Cloud が提供していないものもあるけど...↩

  • ぽ靴な缶

    2022-10 の Cloud Storage 料金改定に伴い GCR から Artifact Registry へ移行する

    Google Cloud で運用しているサービスの Cloud Storage 費用が10月の料金改定から爆増していた。 Cloud Storage 費用(オレンジ部分)が増加 料金改定のタイミングで Cloud Storage のマルチリージョンからマルチリージョン内のリージョンへの転送費用が無料じゃなくなっていた。 Docker イメージの転送費用によるものであれば、Container Registry から Artifact Registry へ移行することでこの費用は無にできる。 cloud.google.com 無料条件がなくなった Google Cloud 内の下り(外向き)ネットワーク費用を見る。 Internet Archive に残っている過去の料金表(2022-05-01)には以下の記述があった。 マルチリージョンにある Cloud Storage バケットからある 1 つのリージョンにある別の Google Cloud サービスへのデータの移動で、両方のロケーションが同じ大陸にある。 無料 現行は、この無料条件がなくなっているうえに、 $0.08/GB とまずまず高めの値段設定になった。 同じ大陸内の異なるロケーション間でデータを移動する場合、転送元バケットは ASIA マルチリージョンに配置され、上記の無料ケースのいずれも適用されない。 $0.08/GB cloud.google.com Container Registry (GCR) のコンテナイメージは Cloud Storage のマルチリージョンバケットに保存され、イメージを利用する実行環境は何らかのリージョンにあるので、この条件にあたってしまう。 今まではイメージと実行環境のロケーションを合わせていれば無料で使えたが1、一通りマルチリージョンバケットからの転送に費用がかかるようになってしまった現在はもう無料で使うことはできない!! asia ほどの費用にはならないが、gcr.io から us 内への転送も $0.02/GB と、無料ではなくなっている。 Artifact Registry を使う Container Registry (GCR) より後に公開された Artifact Registry。 Maven や npm モジュールなどもホストできる。 cloud.google.com 移行するモチベーションは特になかったけど、今回の費用改定で明らかにメリットが生まれてしまった。 Artifact Registry はアーティファクトを保存するリポジトリのロケーションを選ぶことができる。実行環境と同じロケーションにイメージを置くことで、Cloud Storage のネットワーク費用を無料にすることができる!! 移行する作業は特に難しくなく、ドキュメントで移行について案内されている。 cloud.google.com アクセス権限周りに大きな変更があったが、困るようなことはなかった。 GCR 時代のアクセスコントロールは Cloud Storage の IAM ロールでやる感じで、おおざっぱだし分かりづらかったけど、Artifact Registry ではそれ用のロールが設けられプロジェクト単位でも個別のリポジトリに対しても権限を設定できる。 実際の作業としては、API を有効にし、Artifact Registry にリポジトリを作って、GCR に置いてあるイメージを Artifact Registry Registry に上げなおして、k8s manifest やデプロイコマンドなど各所の image 指定を更新する程度でした。 これでグラフの右端のように、また Cloud Storage 費用を無にできたわけです。 今回の値上げといい、ドキュメントの記述といい、かなり Artifact Registry への移行を促してる感ありますね。 Container Registry の進化形である Artifact Registry は、 https://cloud.google.com/artifact-registry?hl=ja Container Registry は引き続き使用可能で、Google Enterprise API としてサポートされていますが、新機能は Artifact Registry でのみ利用可能です。Container Registry には、重要なセキュリティ修正のみ与えられます。 https://cloud.google.com/artifact-registry/docs/transition/transition-from-gcr Google Cloud のドキュメント中の "大陸" (continent に対する訳) って独特の概念だよね、ASIA マルチリージョンの各所は海で隔てられている(台湾, 香港, 東京, ムンバイ, ...)2ものの、同じ文脈で大陸として出てくる "US" や "EU" と同じ扱いであったりもするわけで。でもある日 ASIA は大陸じゃありませーんと言われてもしょうがない気もするし。 https://blog.pokutuna.com/entry/gke-autopilot-storage-egress↩ https://cloud.google.com/storage/docs/locations#available-locations↩

  • ぽ靴な缶

    gcloud の configurations を切り替える

    前回の記事では --project を毎回渡せという主張を展開していたけど切り替える話。 blog.pokutuna.com gcloud コマンドには構成を管理するサブコマンド gcloud config configurations がある。管理するプロジェクトが多くない場合は、カレントプロジェクトを設定しつつ切り替える運用でもよいのではないでしょうか。 また、複数の Google アカウントを切り替える場合も configuration を作って切り替えるのがいい。カレントプロジェクトは設定しない派だけど、個人の @gmail.com と勤務先の Google Workspace のログイン状態を切り替えるのに使ってる。 ちなみに configurations を切り替えても ADC はそのままで、最後に gcloud auth application-default login した時点の認証情報から変わらないのが注意ポイント。 gcloud config configurations Cloud SDK 構成の管理 | Cloud SDK のドキュメント | Google Cloud 触ってみないと微妙に分かりづらいけど、Google アカウントやカレントプロジェクトなど一連の設定を 1 つのエントリとしてまるっと切り替えることができる。 "プロジェクトを切り替えることができる" と説明されていたりするけど、Google アカウントを含む一連の構成を切り替えると思っておかないと、 gcloud config set project でプロジェクトを切り替えたり、ログインし直したりしているとよく分からなくなる。 プロジェクトを切り替えるには、同じ Google アカウントでログインした複数の構成を作って、別々のカレントプロジェクトを設定しておいて、それらを切り替えるという感じ。 # configuration の一覧 $ gcloud config configurations list # configuration を作る & 同時にその設定名がアクティブになる $ gcloud config configurations create NAME # configuration に設定する $ gcloud init # 最初から $ gcloud auth login --project=PROJECT_ID # ログインしてプロジェクト ID 設定する $ gcloud config set project PROJECT_ID # プロジェクト ID だけ設定する $ gcloud config set compute/region REGION # region $ gcloud config set comute/zone ZONE # zone # NAME の設定に切り替える $ gcloud config configurations activate NAME 例のように、region や zone も保存しておけるので、Compute Engine などこれらの引数を要求するコマンドをよく使うなら、設定してあるとちょっと楽になる。 gcloud config に設定できるもの 先に挙げたものが config に設定できるものとしてメジャーだけど、他にもいろんな設定を保存できるし、configuration で切り替えられる。 例えば以下のように設定しておくと、Cloud Functions に新しい関数をデプロイする際に region を省略しても asia-northeast1 になる。 $ gcloud config set functions/region asia-northeast1 設定可能な項目はドキュメントにちゃんとまとまってある。 gcloud config | Google Cloud CLI Documentation あるいは json や yaml で出力してみると雰囲気が分かっておもしろい。 $ gcloud config configurations list --format=json accessibility/screen_reader を true に設定すると gcloud の出力がスクリーンリーダーフレンドリーになったり、core/log_http すると gcloud の API リクエストとレスポンスが出力されたりして面白いですね。 fzf や peco で切り替える よくあるやつ。fzf でも peco でも動くので読み替える。 gcloud-switch() { local selected=$( gcloud config configurations list --format='table[no-heading](is_active.yesno(yes="[x]",no="[_]"), name, properties.core.account, properties.core.project.yesno(no="(unset)"))' \ | fzf --select-1 --query="$1" \ | awk '{print $2}' ) if [ -n "$selected" ]; then gcloud config configurations activate $selected fi } gcloud にはグローバルな `--format=NAME[ATTRIBUTES](PROJECTION) オプションがあって、単体で出力をかなり加工できる。他のツールと組み合わせるときに使うとかわいいですね。 gcloud topic formats | Google Cloud CLI Documentation gcloud topic projections | Google Cloud CLI Documentation あるいは direnv を使っている場合は CLOUDSDK_ACTIVE_CONFIG_NAME 環境変数で切り替えることもできる。チームで configuration 名をプロジェクト名にしてリポジトリに入れたりするのもよいかもしれません。 Cloud SDK 構成の管理 | Cloud SDK のドキュメント | Google Cloud

  • ぽ靴な缶

    gcloud にカレントプロジェクトを設定しない派

    gcloud CLI にカレントプロジェクトをなるべく持たせないようにして暮らしている。 gcloud はデフォルトでカレントプロジェクトのリソースを操作する。操作するプロジェクトが 1 つなら良いけど、仕事でも遊びでもいくつもの GCP プロジェクトを扱っているので、うっかり異なるプロジェクトのリソースを操作してしまったり、意図しないプロジェクトに費用が計上されてしまうのが嫌だから。 カレントプロジェクトは設定しないようにして、gcloud を使う時は都度 --project=PROJECT_ID で渡すようにしている。 # カレントプロジェクトを確認するには以下のコマンドなど $ gcloud config get-value project $ gcloud config list # カレントプロジェクトの設定を消す $ gcloud config unset project ローカルの ADC の quota project 忘れられがちだけど、ローカルの Application Default Credentials にもカレントプロジェクトに相当する "quota project" がある。 ADC についてはこちら blog.pokutuna.com ADC の quota project は、gcloud auth application-default login した時点のカレントプロジェクトが設定される。 ~/.config/gcloud/application_default_credentials.json を見ると分かるし、ログイン時のメッセージにも出てくる。 Credentials saved to file: [/Users/pokutuna/.config/gcloud/application_default_credentials.json] These credentials will be used by any library that requests Application Default Credentials (ADC). Quota project "pokutuna-playground" was added to ADC which can be used by Google client libraries for billing and quota. Note that some services may still bill the project owning the resource. 普段からカレントプロジェクトを設定しないようにしていると気にしなくて良いが、unset したり切り替えたりしていると gcloud のカレントプロジェクトと ADC の quota project が異なる状態になるのがややこしい。 なのでこれも設定しないようにしている。 カレントプロジェクトを ADC に伝播させたくない場合は ADC ログイン時に --disable-quota-project オプションを使う。 $ gcloud auth application-default login --disable-quota-project ADC に quota project を設定しない場合、以下のような警告を見ることになるけど、アプリケーションコードからプロジェクト ID を与えればよいので気にしない。 WARNING: Cannot find a quota project to add to ADC. You might receive a "quota exceeded" or "API not enabled" error. Run $ gcloud auth application-default set-quota-project to add a quota project. ADC にプロジェクト ID を持たせない暮らし ADC に quota project を設定しない場合、アプリケーションコード中にプロジェクトIDが登場することになるけど、意図しないプロジェクトを操作してしまう危険を避けることを優先している。 認証情報はメンドイので ADC に解決してほしいが、プロジェクト ID まで暗黙に解決したいことはほぼないし、複数のプロジェクトで同じコードを実行する場合でも、設定や環境変数などでアプリケーションに伝えればいいという考え。 GCP 上の実行環境でも、実行環境とプロジェクト ID が異なってないなら問題はない。 Node Google Cloud の各種プロダクトに用意されたクライアントライブラリはコンストラクタに渡せばいい。 // Imports the Google Cloud client library const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery'); const client = new BigQuery({ projectId: "<PROJECT_ID>" }); Spreadsheet など、Google Cloud 感ないものは GoogleAuth に渡す。Spreadsheet や Calendar なども API を有効にしたり使用量を管理するために Google Cloud プロジェクトが必要。 googleapis/google-api-nodejs-client import { google } from "googleapis"; const auth = new google.auth.GoogleAuth({ projectId: "<PROJECT_ID>", scopes: [ "https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform", "https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets.readonly", ], }); const sheets = google.sheets({ version: "v4", auth }); Node の場合、明に指定しない場合は google-auth-library がプロジェクト ID を解決しようとする。その過程で GCLOUD_PROJECT や GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境変数を参照したり、gcloud のカレントプロジェクトを参照したりする(歴史的経緯だろうけど、この挙動が嫌だなあ)。 Go Go でも Google Cloud 系のクライアントライブラリでは素直に渡せばいい。 googleapis/google-cloud-go import ( "context" "cloud.google.com/go/bigquery" ) func main() { ctx := context.Background() client, err := bigquery.NewClient(ctx, "<PROJECT_ID>") ... } Google Cloud 感のないものは google.golang.org/api を使うことになるが、こちらは option.WithQuotaProject() を使う。google.golang.org/api 以下でほぼすべての Google の API を叩けるので、Cloud API もこちらの方法で叩ける。 googleapis/google-api-go-client import ( "context" "google.golang.org/api/option" "google.golang.org/api/sheets/v4" ) func main() { ctx := context.Background() client, err := sheets.NewService(ctx, option.WithQuotaProject("<PROJECT_ID>")) ... } まとめ いろんなプロジェクトを触る場合は gcloud にカレントプロジェクトを設定しないのをおすすめしている ローカルの ADC も quota project があり、ログイン時のカレントプロジェクトが引き継がれる、これも設定しないのがいい アプリケーションコードでプロジェクト ID を明に指定すればいい blog.pokutuna.com

  • ぽ靴な缶

    GCP IAM ロールの持つ権限を比較するテク

    メンバーやサービスアカウントの権限を考える際に、ロールの持つ権限を比較したいことがしばしばある。そういう時は gcloud と diff を使うことで比較できるという素朴なテク。 ロールと権限 ロール(role)は roles/{roleName}, roles/{service}.{roleName} などで表され、許可されている操作を表す権限(permission)の集合である。 例えば BigQuery データ閲覧者 (roles/bigquery.dataViewer) は、以下の permission を持つ。 bigquery.datasets.get bigquery.datasets.getIamPolicy bigquery.models.export bigquery.models.getData bigquery.models.getMetadata bigquery.models.list bigquery.routines.get bigquery.routines.list bigquery.tables.createSnapshot bigquery.tables.export bigquery.tables.get bigquery.tables.getData bigquery.tables.getIamPolicy bigquery.tables.list resourcemanager.projects.get resourcemanager.projects.list cloud.google.com ロールの比較 個別のロールと権限について確認したいときは以下のドキュメントを見る、GCP 屈指の縦に長いページ role から permission Understanding roles | IAM Documentation | Google Cloud permission からそれを持つ role IAM permissions reference | IAM Documentation | Google Cloud role をいじっていると以下のような疑問が湧いてくることがある。 roles/bigquery.dataViewer と roles/bigquery.metadataViewer ってテーブルのデータ読める以外に何が違うんだっけ? roles/browser と roles/resourcemanager.folderViewer ってどう違うんだっけ? roles/editor は強い権限だけど、意外と SecretManager で出来ない操作あった気がする 上のドキュメントを行ったり来たりしてもいいけど、* でサービス内の個別の permission が省略されていたりするのでいまいち分からないし大変。 diff で比較する そういう時は gcloud コマンドで role の permission を得つつ、diff で比較するとよい $ gcloud iam roles describe ROLE で権限のリストが得られるので、これを diff -y で左右に並べる。 roles/bigquery.dataViewer と roles/bigquery.metadataViewer の違いは、 $ diff -y -W80 <(gcloud iam roles describe roles/bigquery.dataViewer) <(gcloud iam roles describe roles/bigquery.metadataViewer) description: Access to view datasets | description: Access to view table and etag: AA== etag: AA== includedPermissions: includedPermissions: - bigquery.datasets.get - bigquery.datasets.get - bigquery.datasets.getIamPolicy - bigquery.datasets.getIamPolicy - bigquery.models.export < - bigquery.models.getData < - bigquery.models.getMetadata - bigquery.models.getMetadata - bigquery.models.list - bigquery.models.list - bigquery.routines.get - bigquery.routines.get - bigquery.routines.list - bigquery.routines.list - bigquery.tables.createSnapshot < - bigquery.tables.export < - bigquery.tables.get - bigquery.tables.get - bigquery.tables.getData < - bigquery.tables.getIamPolicy - bigquery.tables.getIamPolicy - bigquery.tables.list - bigquery.tables.list - resourcemanager.projects.get - resourcemanager.projects.get - resourcemanager.projects.list - resourcemanager.projects.list name: roles/bigquery.dataViewer | name: roles/bigquery.metadataViewer stage: GA stage: GA title: BigQuery Data Viewer | title: BigQuery Metadata Viewer ほうほう、roles/bigquery.dataViewer はテーブルやモデルのスナップショットやエクスポートも取れるんですね。 includedPermissions 以下だけ欲しいなら --format オプションで中身だけ取ることもできる。 --format='value[delimiter="\\n"](includedPermissions)' gcloud の format オプションについてはこちら。 roles/browser と roles/resourcemanager.folderViewer の違いは、 $ diff -y \ <(gcloud iam roles describe roles/browser --format='value[delimiter="\\n"](includedPermissions)') \ <(gcloud iam roles describe roles/resourcemanager.folderViewer --format='value[delimiter="\\n"](includedPermissions)') > orgpolicy.constraints.list > orgpolicy.policies.list > orgpolicy.policy.get resourcemanager.folders.get resourcemanager.folders.get resourcemanager.folders.list resourcemanager.folders.list resourcemanager.organizations.get < resourcemanager.projects.get resourcemanager.projects.get resourcemanager.projects.getIamPolicy < resourcemanager.projects.list resourcemanager.projects.list フムフム。 多くの permission を持つ権限なら比較したい部分で grep すればいいですね。 roles/editor のうち、SecretManager で、roles/secretmanager.admin より弱いのは、 $ diff -y <(gcloud iam roles describe roles/editor | grep secretmanager) <(gcloud iam roles describe roles/secretmanager.admin | grep secretmanager) - secretmanager.locations.get - secretmanager.locations.get - secretmanager.locations.list - secretmanager.locations.list - secretmanager.secrets.create - secretmanager.secrets.create - secretmanager.secrets.delete - secretmanager.secrets.delete - secretmanager.secrets.get - secretmanager.secrets.get - secretmanager.secrets.getIamPolicy - secretmanager.secrets.getIamPolicy - secretmanager.secrets.list - secretmanager.secrets.list > - secretmanager.secrets.setIamPolicy - secretmanager.secrets.update - secretmanager.secrets.update > - secretmanager.versions.access - secretmanager.versions.add - secretmanager.versions.add - secretmanager.versions.destroy - secretmanager.versions.destroy - secretmanager.versions.disable - secretmanager.versions.disable - secretmanager.versions.enable - secretmanager.versions.enable - secretmanager.versions.get - secretmanager.versions.get - secretmanager.versions.list - secretmanager.versions.list > name: roles/secretmanager.admin roles/editor でも、secret に IAM Policy を設定することと、実際の version の読み取りができないのだな〜ということが分かる。 gcloud と diff を使うとこういう感じで比較できます。 適切なロールを選ぶとともに、IAM の推奨事項を見て絞ったりできるとよりよいですね。 cloud.google.com

  • ぽ靴な缶

    3/17 Born Digital Summit 2022 で発表します

    来週 2022-03-17(木) の Google Cloud オンラインイベント 16:20- 『はてな広告配信システムのクラウドネイティブ化への道のり』で発表します。 データセンター環境で運用していた広告配信システムを GCP へ移転する話です。 派手なメッセージな感じではなく、約1年のプロジェクトの中での採用技術やテクについて紹介する風情の発表になります。EOL 過ぎたソフトウェアたちをまるごとマネージド化し、Elasticsearch を BigQuery に置き換える様子などをご覧にいただけます。 たぶん登録しておけば後日動画で見れると思います。 cloudonair.withgoogle.com 笑顔の写真は締め切り当日にがんばって撮りました。

  • ぽ靴な缶

    Google Colaboratory でデータフローのドキュメントを書く試み

    この記事ははてなエンジニアのカレンダー | Advent Calendar 2021 - Qiita 2日目の記事です。 最近、データパイプラインの整備や営業チームの人力混じりの運用フローを機械化するなどの業務改善に取り組んでいます。 その過程で、運用ドキュメントを読んだりヒアリングして図を描くことがよくあります。 描いた図をもとに「この流れであってますか?」と確認したり「ここ手間結構かかってそうですが困ってませんか?」とコミュニケーションをします。暗黙的な業務の流れが明確になるだけでなく、改善点の発見にも繋がります。 ひととおり改善タスクが終わった後にも図を最新にします。ドキュメントと併せて成果物とします。 どんなデータがあってどのようにビジネスに使われているか、データがどのように取得&保存されているかを残しておくのは今後のデータ活用や改善のためにも必要です。 俺はそんな個々の業務のデータフロー図を描いていって、やがてはおっきなエンタープライズデータモデルを絵にしたいんだ。 でも図やドキュメントを書いていく上で様々な悩みがある!! GUI 作図ツールを使う データフロー図を描くために、draw.io や Cacoo といった作図ツールを使ったり、Google スライド や miro といったスライドツールやホワイトボードツールを使う選択肢がある。 ツリーやダイアグラムを作るためのパーツが用意されていたり、リアルタイム同時編集できるものも多く複数人での認識合わせにも使えて大変便利だけど、いろいろ不満もある。 レイアウトにこだわりがち 自由な絵が描けるのはよいけど、レイアウトに結構な時間を使ってしまう。 ボックスの大きさは揃っているほうがよいしX軸Y軸のアラインを揃えたい、矢印は交差してほしくないし、矢印やボックスの形に一貫した意味が欲しい...とやっていると必要以上に時間を使っていることに気づく。 きれいな図は理解を助けるけど、一世一代のプレゼンテーションでもないのにこだわりすぎるのも無駄が多い。 とはいえある程度は整えないと読み解くのにストレスがあり、ちょうどよい塩梅が難しい。 一貫したルールがないと複数の図を並べた時にもごちゃごちゃした印象になってしまう。 その他いろいろ ドキュメントと別の所にあるので更新されなくなりがち えてして検索性が悪がち 画像として書き出したりスクリーンショットを撮ってドキュメントに移すのがダルいがち やる気のある1人だけがメンテナンスする羽目になりがち 差分管理できながち 図を作る部分の体験はよいけど、その図をどう運用していくか...というところで悩みが出てくる。 Graphviz や PlantUML を使う Graphviz、PlantUMLで図を書く手もある。 普段のテキストエディタで書けて一定のクオリティの図が作れるので重宝している。 レイアウトも多少意識する面はあるものの細かく手をいれられないので適度に妥協できるのも逆に良い点。 社内 Wiki にドキュメントを書く時に、ページ下の方にソースを貼り付けてドキュメントと図のソースの距離を近くすることもできる。 一方で満たされない思いもある。 記法の学習コストがあるがち リポジトリに入れると権限が必要だったりしがち 特に営業チームのメンバーが利用したい時に困りがち 巨大な図を作るとメチャクチャになりがち ドキュメント ここまで図の話をしてきたけど、実際にはドキュメントの一部として図を描きたい。 この業務の背景や目的、関連するドキュメントやダッシュボードへのリンク、新たにデータを利用する際の方法、実装を行っているリポジトリ、権限や窓口、データの更新頻度や扱う諸注意...などなど、図だけで説明しきるのは難しくて、ある程度文章で説明することになる。 ドキュメントを作ってメンテしていく上で、もっとドキュメントと図を近づけたい。 Google Colaboratory でドキュメントを書く Colaboratory は Google の提供する Jupyter Notebook & Python ランタイム。 これを使ってドキュメントを書くのはどうか、というのが今回の試みです。 データを扱うエンジニアには Jupyter はお馴染みだろうから親和性も高い。 Colaboratory へようこそ - Colaboratory やってみます データフローとドキュメント Google Colaboratory でデータフローのドキュメントを書く試み - Colaboratory いかがでしょうか。 果たしてまな板やすし桶はデータストアなのか、これはデータフローなのか、寿司酢を入れなくてよいのか、異論はあるだろうけどデータフロー図とドキュメントを書くことができた。 Colab を使うと 図のソース置き場と表示をどちらも満たせる Markdown を使ってドキュメントを書ける 環境構築にあまり煩わされない BigQuery など実際のデータにアクセスしてサンプルデータを表示したり可視化できる Google アカウントによる権限管理ができる Google Drive 検索にひっかかる 変更履歴が残り古い版に戻せる これらのいいことがある。 やっていること 依存のインストール ! に続けてコマンドを打つことでシェルで実行される。 !apt や !pip で依存を入れることができる。 これをコピペして使っている #@title !pip install graphviz plantuml fonts-noto-cjk #@title は後述 graphviz, plantuml をよく使う fonts-noto-cjk 日本語フォントに Noto Sans Japanese を入れる 入れないと図中に日本語が表示できないことがある 他のフォントウェイトは fonts-noto-cjk-extra にあるけど大きめなので使ってない fonts-ipafont とかでも良いと思います Graphviz や PlantUML のソースを置く %%writefile {filename} から始まるセルを評価すると、以降の内容が filename に保存される。 Python コードで open して文字列を書いている例がよくあるけど、特定のテキストをファイルに書きたいだけならマジックコマンドを使うのが簡単。 Built-in magic commands — IPython 7.30.0 documentation 画像の生成 & 表示 単に Graphviz や PlantUML で画像を作って表示する !dot -Tpng my-flow.dot > my-flow.png # graphviz !plantuml my-flow.puml # plantuml from IPython.display import Image Image('my-flow.png') 一旦完成したらコードを非表示にする ドキュメントとして見せるにはコードを非表示にしておくほうが見栄えがいい。 メニューの "表示" からコードを非表示にするとセルを折りたたむことができる。 非表示にするとセルの先頭に #@title が挿入されるのは、フォームから変数に値を入れる機能を転用して非表示を実装しているからのようだ。つまりメニューを経由しなくてもセルの先頭に #@title を書いて右側の空白をダブルクリックしてもよい。 Forms - Colaboratory 感想 どうでしょうか、Colab にドキュメントを書くのはまだお試し中ですが、悪くない気がします。 特に、ちょっとラベルを変えたり 1~2本フローを増やしたりなどの微修正は画像を生成して Wiki に貼り付けたり、リポジトリにコミットする必要もなくて気楽にできます。 コードセルを非表示にしていても余白ができるのでがちゃがちゃした見た目になりがちだったり、Colab に詳細めなドキュメントが描いてあるという期待がないので社内 Wiki からリンクしていても読まれにくい、という点は気になる。 データアーキテクチャを図にしたりドキュメントにする良いツールやプラクティスがあれば教えて下さい。 アドベントカレンダーについて はてなエンジニアのカレンダー | Advent Calendar 2021 - Qiita 前日は id:nanto_vi による HTMLのdialog要素とフォーム機能 - Hatena Developer Blog でした。 明日は id:gurrium さんの WoTのMODを作りたい - ぜのぜ です。 参考 データフロー図 - Wikipedia DFD(データフロー図)ってなに?DFDの概要と書き方をあわせて紹介 | Cacooブログ

  • ぽ靴な缶

    GCP の Application Default Credentials を使った認証

    公式ドキュメントで説明されているけど、同僚に何度か説明する機会があったり、作る必要のないサービスアカウントキーを目にすることも多いのでまとめておく。 認証情報が登場しないアプリケーションコード 例えば以下のコードで Secret Manager に保存したトークンを取得することができる。SecretManagerServiceClient にサービスアカウントキーを渡さずとも動作する。 const {SecretManagerServiceClient} = require('@google-cloud/secret-manager'); const client = new SecretManagerServiceClient(); (async () => { const [secret] = await client.accessSecretVersion({ name: 'projects/pokutuna-playground/secrets/token/versions/latest', }); console.log(secret.payload.data.toString('utf8')); })(); これは僕の手元であれば動作するし、みなさんの手元ではエラーになるでしょう。 このコードでアクセス制御ができているのは、クライアントライブラリが実行環境から認証情報を解決しているからです。 Cloud SDKをインストールして gcloud auth application-default login し、name をあなたのシークレットに置き換えれば、あなたのシークレットが読めるでしょう。1 Application Default Credentials Google が提供するクライアントライブラリは以下の優先順位で認証情報を解決している。 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数に設定されたサービスアカウントキー(のファイルパス) ~/.config/gcloud/applicstion_default_credentials.json に配置された OAuth2 Secret メタデータサーバーに問い合わせて得られた認証情報 これは言語問わず共通して実装されており、Node の場合 google-auth-library-nodejs で実装され、googleapis や、@google-cloud/ 以下のクライアントライブラリで利用されている。 はサービスアカウントキーを使って実行ユーザを上書きするための仕組み で利用されるファイルは gcloud auth application-default login によって配置される Google アカウントログインが求められ、ログインしたユーザの認証情報が配置される。 は GCP 上の実行環境で解決される GCP 上の実行環境では、メタデータサーバーが、アクセス元に応じた認証情報を返してくれる。 Compute Engine、App Engine や Cloud Functions などではインスタンス作成時やデプロイ時にアタッチするサービスアカウントを指定できる。何も指定していなければデフォルトのサービスアカウントがアタッチされている。 Workload Identity を利用して、Kubernetes Service Account と Google Service Account を紐付けて認証情報を解決できる。 この仕組みを使うことで ローカル開発環境ではサービスアカウントキーを使わない(2を利用する) GCP の実行環境ではサービスアカウントキーをデプロイしない(3に任せる) となって、サービスアカウントキーが必要な場面はかなり限定される。 どうしてもサービスアカウントキーを指定したい場合も環境変数で与える(1を使う)ことで、アプリケーションコードに登場しないようにできる。 サービスアカウントキーを配るのを最小にしたい 公式ドキュメントにおいても、開発中は ADC に任せることを推奨している。 サービス アカウントの使用と管理のベスト プラクティス  |  Cloud IAM のドキュメント  |  Google Cloud 開発中にサービス アカウントを使用しない 日常業務で、gcloud コマンドライン ツール、gsutil、terraform などのツールを使用する場合があります。これらのツールの実行でサービス アカウントを使用しないでください。代わりに、gcloud auth login(gcloud ツールと gsutil の場合)または gcloud auth application-default login(terraform などのサードパーティ ツールの場合)を実行して、ツールがユーザーの認証情報を使用することを許可します。 キーの権限や流出に気を使う必要があるので、極力 ADC に寄せたい。 セキュリティ面以外では、1つのサービスアカウントにつきサービスアカウントキーは10個という管理上の制約もある。 開発用サービスアカウントキーを開発者のローカルに配るとすると、先着10回までしか生成できず、10人以上で開発できないし、古いものを消そうにも気を使う、という状況に陥る。 実際のところ、一番サービスアカウントキーを置きたくなるのは外部の CI だろう。 Github Actions などでは渋々配置することになる。AWS や Azure などからは、Workload Identity 連携を使うことで、サービスアカウントキーなしに認証できるようになった。外から BigQuery を叩きたい場合も Workload Identity を設定する手間を厭わなければキーが要らない。 ADC を使うことによる不安と対策 GCP 上で動作させる際に ADC を利用しない理由はほぼない。 開発者はオーナー(roles/owner)などの強力な権限を持っていることが多く、複数のプロジェクトを操作するので、 ローカルでは上手くいくがデプロイして権限が足りないことに気づく 意図したものと異なるプロジェクトに対して操作を実行してしまう ということが起きうる。 1 に関して、サービスアカウントになりすまして確認することができる。 roles/iam.serviceAccountTokenCreator ロールを持っているとサービスアカウントに成り代わって認証情報を取得できる。 このロールは2つのリソース(なりすます側とサービスアカウント)の間の設定であるため、オーナーでもデフォルトで持っていない。以下の手順で設定する。 メンバーに 1 つのサービス アカウントの権限の使用を許可する - サービス アカウントの権限借用の管理  |  Cloud IAM のドキュメント  |  Google Cloud このロールを持っていると gcloud コマンドでは CLOUDSDK_AUTH_IMPERSONATE_SERVICE_ACCOUNT={SA_EMAIL} 環境変数または --impersonate-service-account={SA_EMAIL} でなりすまして操作を実行できる。gcloud コマンドで、このサービスアカウントが PubSub トピックへメッセージをパブリッシュできるか確認できる。 2021-08 現在、まだクライアントライブラリも環境変数などから透過的に解決してくれるわけではなく追加の実装が必要である。 bq コマンドも impersonate に対応していなかったり対応が限定的、gcloud & gsutil 以外で気楽に使える状態ではないので、面倒なのでクライアントライブラリ側で解決するプロトコルを決めて実装してほしいものである。bq は長期的には gcloud bq に機能が移植されていって普段遣いできるようになるんじゃないかなあ〜 有効期間が短いサービス アカウント認証情報の作成  |  Cloud IAM のドキュメント  |  Google Cloud 2 に関して、破壊的な操作で起きると悲惨である。 GCLOUD_PROJECT や GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境変数を設定していない場合、gcloud config list した際の core.project がデフォルトとして使われてしまい、落とし穴として働いてしまう。 googleapis/google-auth-library-nodejs@2fcab77 - src/auth/googleauth.ts#L205L210) 対策としては クライアントに渡すプロジェクトIDを省略しない カレントプロジェクトを設定しない gcloud config unset project するとカレントプロジェクトを設定しないままで居られる 普段から gcloud --project=... で都度プロジェクトを指定する ぐらいしかないので、ややイマイチである。 関連する話題 デフォルトのサービスアカウント GCP の実行環境にアタッチするサービスアカウントを明に指定しない場合はデフォルトのものが使われる。 Compute Engine などでは {PROJECT_NUMBER}-compute@developer.gserviceaccount.com App Engine や Cloud Functions などでは {PROJECT_ID}@appspot.gserviceaccount.com デフォルトでは編集者(roles/editor)ロールという広い範囲を操作できる権限が付いている。 十分強力な権限が付いていることは、初心者に優しかったり、プロジェクト開始時にいきなり IAM の設定を要求されないという良い面もあるのだけど、慣れているユーザはあまり使いたくないだろう。必要最小限の role を与えたサービスアカウントをアタッチするのが理想的だけど、管理の手間もあるので個人的には以下のようにやっている。 小さなプロジェクトでは気にせずデフォルトのサービスアカウントのまま動かす デフォルトサービスアカウントを何かから参照したくなったら変える 別プロジェクトの IAM に追加して権限を与えたくなったりキーを外部に置きたくなったとき ちなみに Secret Manager のシークレットを読むには 編集者(roles/editor) では足りず、Secret Manager のシークレット アクセサー(roles/secretmanager.secretAccessor)ロールが必要である。 gcloud auth login と gcloud auth application-default login の違い gcloud auth login は CloudSDK(gcloudコマンド) で使われる認証情報を設定する。 gcloud auth application-default login は ADC で使われる ~/.config/gcloud/application_default_credentials.json を配置する。 用途が分かれており、ADC を利用したくない場合でも gcloud コマンドの利用に不都合がないように分かれているものと思われる。 両方更新するには gcloud auth login --update-adc ローカルの application_default_credentials.json を使うのを止めたい場合は gcloud auth application-default revoke で削除できる。 コンテナではどうするのか google/cloud-sdk - Docker Image | Docker Hub では named volume に gcloud auth login した認証情報を保管して必要な時にマウントする方法が案内されている。application default についても同様にセットできるだろう。 ADC を使いたいだけなら、ホスト側で作った application_default_credential.json をマウントするのが楽である。 $ docker run -v ~/.config/gcloud/application_default_credentials.json:/root/.config/gcloud/application_default_credentials.json ... Cloud SQL Proxy では実行ユーザが nonroot なのでマウント先を変えなければならない、このあたりは都度調べることになる。 $ docker run -p3306:3306 --rm --hostname=mysql -v ~/.config/gcloud/application_default_credentials.json:/home/nonroot/.config/gcloud/application_default_credentials.json gcr.io/cloudsql-docker/gce-proxy:latest /cloud_sql_proxy -instances=... もちろん自作か Google 提供のイメージ以外に ~/.config/gcloud をマウントするのはリスクがあるので避けるべきである。 リンク 関連する話題への良いドキュメント サービス アカウントとして認証する  |  Google Cloud GCP と OAuth2. | by Yuki Furuyama | google-cloud-jp | Medium Service Accountの運用について · gcpug/nouhau GCP の Compute Metadata Credentials について 関連記事 blog.pokutuna.com 正確にはカレントプロジェクトの設定も必要になる↩

  • ぽ靴な缶

    GKE Autopilot で節約のために asia.gcr.io を使う

    追記: 2022-10 移行、無料条件が変わったので Artifact Registry を使うのがよいです blog.pokutuna.com GKE Autopilot に移行してみたところ、意外と費用がかかっていた。 クラスタのロケーションに合わせた GCR レジストリを使うのがよい。 原因 GCR のイメージレジストリには gcr.io と、ホストされるロケーションが付いた us.gcr.io, eu.gcr.io, asia.gcr.io がある。 gcr.io にイメージを保存していた。内部的には US にホストされており、asia-northeast1 のクラスタへ pull する際には US からの storage egress の費用がかかる。 Standard の GKE クラスタではノードとなる GCE インスタンスを確保するので pull されたイメージはインスタンス内で使い回されてキャッシュとして働く。 ノード管理が要らない Autopilot では実行ごとに同じインスタンスに当たるとは限らない(当たることもある)。 Cloud Logging 上では以下のようなログで pull されたか判別できる - Pulling image "..." - Container image "..." already present on machine 解決 GCP 内の同ロケーションでの Cloud Storage データの移動は無料!! なのでクラスタのリージョンに合わせた GCR ロケーションにイメージを置いて利用することでこの費用はゼロになる。 ネットワーク - 料金  |  Cloud Storage  |  Google Cloud 今回 GKE Autopilot へお試し移行したサービスは CronJob ばかり実行するシステムで、継続的にインスタンスが確保されにくく高頻度でイメージを pull していた。 $100/month 程度のインフラ費用を見込んでいた小規模なサービスだったけど、無料枠を超えたところから storage egress に $10/day 払う羽目になっていたので急いで対処した。 おまけ 挙動確認のために 30分おきに起動する CronJob を動かしたプロジェクトの費用、クラスタは asia-northeast1。 Cloud Storage 費用 7/30 ~ 8/2 は gcr.io 8/2 ~ 8/4 は asia.gcr.io → 費用なし 7/31 の24時間の間 gcr.io を使った CronJob が動いていた 7/31 の転送量は 3.1 Gibibyte docker image の転送サイズ(イメージサイズではなく圧縮されたもの)を調べるには $ docker manifest inspect IMAGE | jq '[.layers[].size] | add' 今回使ったイメージのサイズは 69285060 byte, このイメージを 24*2 回 pull していて 69285060 * 24 * 2 / 2**30.to_f => 3.0972835421562195 なので 3.1Gibibyte と一致する。よかったですね。 リンク GKE Autopilot のご紹介: マネージド Kubernetes における革命 | Google Cloud Blog レジストリ - Container Registry の概要  |  Container Registry のドキュメント  |  Google Cloud

  • ぽ靴な缶

    Chrome 拡張を Manifest v3 対応した

    公式のガイドに従ってやればよい Migrating to Manifest V3 - Chrome Developers background pages が Service Worker に置き換えられた 各 chrome API の Promise 化 リモートのコードが実行できなくなる browser_action と page_action の統合 executeScript の変更 あたりが大きい cocopy の場合 blog.pokutuna.com browser_action と page_action の統合 Action API unification - Migrating to Manifest V3 - Chrome Developers 上記のように manifest を修正し、chrome.browserAction などの呼び出しを chrome.action に置換すれば良い。 ハマったのはキーボードショートカットを定義する commands の方も undocumented に変更されていた点。_execute_browser_action などを _execute_action に置き換える必要がある。 web_accessible_resources の指定が変わった Web-accesible resources - Migrating to Manifest V3 - Chrome Developers 外部から拡張の options.html にクエリパラメータを付けてリンクしたい。 matches 以下にリンク元の origin を書いておけばリンクが開けるようになる。でも任意の origin からリンクすることはできなくなっていそう。 "web_accessible_resources": [{ "resources": [ "options.html" ], "matches": [ "https://github.com/*" ] }] その他 ユーザ入力を js として解釈するのがコア機能なので、Remotely hosted code - Migrating to Manifest V3 - Chrome Developers の変更で詰むかと思ったけど、以前より sandbox で eval するようにしていたので何もする必要なかった。 ページタイトルや HTML の取得は、動的にコードを変更する必要がないので素直に function にして chrome.scripting.executeScript(...) する。scripting の permission も要求する。